忍者ブログ
黒龍眼→こくりうの日々の活動記録などなど。
[126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっとこ届いたアニメイテッドのセイバートロンラチェットの話とか。

アニメイテッドが終了してからその商品展開は映画2作目公開もあいまっていろいろと情報が
掴みにくくなってしまって、気がついたら春に日本でも始まるよ!なんて話が出て久しい今日この頃なんですが、日本版のラインナップにシレッと加えられてるアーシーはいつ発売するんだ?
なんてことを戦々恐々と待っておったら何とUSザラス限定という有様…

ターゲット限定もUSザラス限定も、普通のショップなどではなかなか入手が難しいのでただでさえ低いアンテナを余計に高くしておかないと買い逃す、なんてこともままあったりするもんですからさあ大変。
ですが幸い国内のショップで取り扱いをしているお店があるので今回はそこを使うことでひとまず確保のツテは
出来たのですが…
正直あんまりショップの世話にはなりたくないんですよね輸入トイの場合。
自分で取り寄せた方が何かと融通が利くので纏め買いして取り寄せちゃうのが自分の買い方なんですけど、
こういうチマチマと限定仕様で出されるのが正直一番困りますな。
しかも元々一般販売ルートに乗せられる筈だったものがシーズン短縮でキャンセルになったかと思ったら
限定で出しますよ、日本では通常ラインナップに入ってますよですから…
仕様が日本のものと同じならそりゃ日本のを買いますけど、こちとら海外の方で揃えてるし!ってことで
まあ難儀したりしております。


それはさておきそのアーシーと一緒に発売されたセイバートロンラチェット。
IMG_1725.JPG










簡単に説明すると若い頃のラチェットですわな。
セイバートロン星でグレートウォー時に衛生兵として参加していた回想シーンに出てくる方のラチェット。
名前が同じでまだ地球の車をスキャンする前であること、そして年齢が若いという事もあって
現代のラチェットとは意匠が似ているようで結構異なっています。

まず体格。
現代のは中年太りというか、腹が出た感じになっていた胴回りも逆三角気味になってる事が一番目立ちます。
だからカッコ的にはこっちの方がカッコいい感じですな。
そして現代では戒めのためにそのままになっている頭部のツノも折られる前の状態だぅたり
手持ちの武器もあったりで。
あとなぜか右腕にブラストパンチ?というかバネで前後するおなじみのパンチギミックがあったり。


IMG_1724.JPG







ビークル形態。
未来の車というか、多脚戦車って感じの足回りですな。
ちょっと丸っこいカエルっぽくて個人的には好きです。
そして先に出たラチェットは工具がビークル時に完全に余剰パーツになってしまうんですが
こっちではちゃんとはめ込む場所があるのも纏まりがあって良い感じです。

IMG_1726.JPG







訳ありの2人。
アーシーは物語の核心に関わる重要キャラであり、ラチェットとの関係はかなり重要な要素なので
ネタバレになるとアレなんで詳しくは書きませんけど、この2人の組み合わせで限定発売されたというのは
何か感慨深いものがあったり無かったり。


で、その2体比べて感じた事は纏まりに関してはラチェットの方が上かなと。
アーシーは個人的には期待してたんですが脚がなんか女の人っぽくないのと羽根パーツをあまりくっつけたくない収め方だったり細かいところで気になるところがあったんですが、
セイバートロンラチェットの方は現代のものが凡庸な感じだっただけに纏まりも良くなってた印象を受けました。
オプティマスやラチェットに限らず、他のメンバーのセイバートロンモードの方も見てみたいもんですね。

PR
プロフィール
HN:
黒龍眼→(こくりう)
HP:
性別:
男性
職業:
絵描き
趣味:
玩具収集、レトロゲーム
自己紹介:
「こくりう」「黒龍眼」の2名義で活動中です。
・主な執筆誌
ファミ通コミッククリア(エンターブレイン様)
Girs fir M(茜新社様)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
twitter
pixiv
最新コメント
[04/09 黒龍眼]
[03/18 はっさく]
[10/23 黒龍眼]
[08/06 NONAME]
[06/15 M]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.