忍者ブログ
黒龍眼→こくりうの日々の活動記録などなど。
[24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14

10月に入って作業を始めるもなかなかピリッとしたネームが出てこない有様なので

逃避に更新(笑)

そんなわけで今回はコブラ軍の主力戦闘機「Firebat」を紹介。

先日紹介したドラゴンホークのCMにて登場しているというくらいしか

あまり知っていることが無いので(申し訳ない)

もっぱらギミックや外観の紹介になっちゃいますけど、設定知らなくても

なかなかにイマジネーションを掻き立てる仕様の玩具となっています。

 

 

 

主なギミックは大きさの割りに電飾や音声といった派手なものはありません。

まずは主翼の可動に伴う胴部ローターの連動。

そして前後2分割の分離が可能。

ここからさらに後部のマルチミサイルランチャーが分離して実際は3分割になるんですが、ちょっと強引な分離の仕方なんで2分割ということで紹介します。

前部が「scout claft」、哨戒艇みたいなもんでしょうか。後部が「covert drone」、

無人攻撃機とでも言うんでしょうか、正しい言い方が見つかりませんが、そんな感じです。

上の項で、「ちょっと強引な分離の仕方」と言ったのはこの部分の一部分がパッケージの使用と異なるようにオミットされていることからそう言わせてもらいました。

この部分の上部は実はコックピットのようにフィギュアが一体入るようなスペースがパッケージにあるのですが実際の商品はその部分が埋まっているんです。

なぜこんな風にしたのかは謎ですが、これのおかげで後部ドローンのキャノピーがランチャーを切り離してしまうとキャノピーが凄く間抜けというか、意味の無いものになってしまうからあえて分離しない方が構造的に自然なのではと思い「2分割」ということで解釈しました。

なお、この部分はパイロン型のミサイルが2発まで装填、発射が可能です。

後部キャノピー。このままでも下がスカスカなのでランチャーにコックピットがあっても危なっかしい事には変わりないんですが、やはり箱の写真のようにちゃんと穴があったほうがよかったですねえ。

一応私はここに余ったミサイルをしまっておくことにしています。これが意外にピッタリ入ったりしますのでここを持て余している人にはお薦めです。

前部キャノピー。

コブラ航空兵が一体付属。

 

 

 

付属のスカイバット。

 

 

そんなわけで電飾や発光ギミックこそないこの玩具ですが、

ボディの質感やデザインがなかなか素敵な敵役のビークルで、ドラゴンホークを持っているならぜひとも横に並べたい一品です。

PR
プロフィール
HN:
黒龍眼→(こくりう)
HP:
性別:
男性
職業:
絵描き
趣味:
玩具収集、レトロゲーム
自己紹介:
「こくりう」「黒龍眼」の2名義で活動中です。
・主な執筆誌
ファミ通コミッククリア(エンターブレイン様)
Girs fir M(茜新社様)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
twitter
pixiv
最新コメント
[04/09 黒龍眼]
[03/18 はっさく]
[10/23 黒龍眼]
[08/06 NONAME]
[06/15 M]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.