忍者ブログ
黒龍眼→こくりうの日々の活動記録などなど。
[36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26

しかしてその実体は・・・

今回はTFクラシック第一弾の最後の一体、輸送参謀アストロトレインです。

ザ・ムービーではデストロン軍団を載せて宇宙空間を航行したり、TVアニメでは野心が昂じてブリッツウイングと小競り合いをして列車を自分の部下に改造したりと大活躍の彼ですが、他のTFと違い彼の玩具はは3つの形態変形するというトリプルチェンジャーとして世に登場しました。

ご存知の方も多いかと思いますが、初期のアストロトレインは機関車とシャトル、そしてロボット形態に変形するもので、当時アニメの彩色指定が間に合わなかったのか間違えたかでガルバトロンやいくつかの商品がアニメと異なる色で発売されて、後にアニメカラーとして黒の部分が紫にが発売されたという経緯のある商品でした。

しかし、怪我の功名というのか、初期に発売されたものは白いシャトルが黒い機関車に変形するという形だけでなく色の変化も見事にこなす秀逸な変形トイでありました。

アニメ版のアストロトレインは全体が紫で、色変更が行われたものは黒で成型されたパーツの一部が紫に変更されたものの、黒と白のものよりいびつな色合いになってしまい、そのあとに海外版のカタログに掲載されたカラーリング(アニメ版はこの色を基にしている)のものが発売され、紫のシャトルからグレーの機関車に変形するものが出ましたが、色調が似通っているためやはりこの白と黒の色の変化に匹敵するような驚きはありませんでした。

最近TFコレクションで初期にリリースされた白と黒のバージョンが発売されましたが、あらためてこの玩具の色の重要性を再認識させられることになったと思います。

そんなわけで今回発売されたアストロトレインも今の技術であの感動を!というようなものを期待していましたが、機関車ではなく新幹線のような列車に形態が変更され、色のマジックという意味合いでの変形の妙はなくなってしまっただけでなく、もともと新幹線に羽根をつけただけのようなシャトルが新幹線に変形するというあまり変わりばえのしない変形になってしまった事は非常に残念です。

とはいえ今の技術で蘇ったわけですから、変形機構や可動範囲などは大幅な改善がなされており、普通に変形トイとしては及第点の出来に仕上がっていることは一応付記させていただきます。

頭部アップ。

今回発売された中では一番朴訥な印象がある顔になっています。

カラーリングの所為か、あまりデストロンの兵士に見えないのがちょっと残念です。

 

列車形態。先に述べましたように色の変化に関しては驚きはなくなっているというか、前半分と後ろ半分の色の分かれ目が強引な印象を受けます。

後部の処理を見るとJRXを彷彿とさせます。

 

シャトル形態。この形態はよくまとまっています。

 

 

アストロトレインを一番最後に紹介したのは、今回買ったクラシックの中で一番普通というか、無難すぎて面白みにかけるし、なにより昔のものよりも技術は進歩しているが単に3つの形態に変形するだけ、という印象に写ったからです。

今風ということで機関車ではなく新幹線という形になったんでしょうが、やはり変わりばえのしない外見の物を多段変形だと言い張られても強引な印象が否めません。

個人的にはアストロトレインよりもブリッツウイングのほうが好きなのでそっちの方を出して欲しかったです。

しかしコレはあくまで管理人の個人的な印象なので万人に当てはまるかどうかはその人次第ですし、実際出来の悪い変形トイでは決してないので迷っていても一度手にとっていただくことをお薦めします。

 

 

PR
プロフィール
HN:
黒龍眼→(こくりう)
HP:
性別:
男性
職業:
絵描き
趣味:
玩具収集、レトロゲーム
自己紹介:
「こくりう」「黒龍眼」の2名義で活動中です。
・主な執筆誌
ファミ通コミッククリア(エンターブレイン様)
Girs fir M(茜新社様)
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
twitter
pixiv
最新コメント
[04/09 黒龍眼]
[03/18 はっさく]
[10/23 黒龍眼]
[08/06 NONAME]
[06/15 M]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.