忍者ブログ
黒龍眼→こくりうの日々の活動記録などなど。
[181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雑誌掲載情報のおしらせなど。


久々に雑誌掲載関連の告知になります。


この度、「黒先輩と黒屋敷の闇に迷わない」というゲームのコミカライズ連載をファミ通コミッククリアにて担当させていただくことになりました。

(実は今月初めには一部サイトでは告知が始まっていたのですが、雑誌発売のタイミングでこちらから改めて告知するということでお知らせが遅れました。)


詳細は本日発売のTECH GIAN2015年1月号に掲載されております記事をご覧になっていただくとよろしいかと思いますが、元になっておりますゲームはフリーゲームの同タイトルで、なんでも公開早々にその方面では結構な話題になったとかで、今月の29日に原作者の饗庭淵先生によるノベライズ版が発売されるのを皮切りにメディアミックス展開を、というのの一環でコミカライズにあたって自分の所にオファーが来たという感じです。

で、そのゲームなんですが、一見した所普通の探索型ホラーゲームの体裁をとっておるのですが、実は本筋もそこそこに主人公がヒロインに対してセクハラを行うというのがメインになっているというちょっと変わった感じのゲームです。(内容は一応全年齢向けです)
しかもそのセクハラの内容がフェティッシュというか、とにかく足、タイツ足に関しての拘りが良く、かなり偏った感じの内容であります。
詳しくは公式サイトにてご確認頂ければと思いますのでゲームの詳細説明自体はここでは割愛させていただきますが、なかなか面白い試みをしているゲームなので一度プレイされてみることをオススメいたします。

「黒先輩と黒屋敷の闇に迷わない」公式サイト
http://aeb.iinaa.net/bb.html


おそらくそのゲーム内容とキャラクターデザイン等を見て頂ければ自分がコミカライズをお任せしていただくに至る理由が多少はご理解いただけるかなと思います(笑
自分としましても、これまで細々と取り組んでいた足関係の事に関してまた新しい試みが出来る場所が与えていただけることになって非常に嬉しく思いました。
ですので、自分のマンガのそういった部分を好きだなとか思っていただけてる方に対しては良い知らせになるのではないかと思います。

現在来年の連載開始に向けて準備中でありますので、時期など詳細が決まりましたらまたお知らせをいたしますので続報をお待ちくださいませ。



話が前後してしまいますが、前述のTECH GIAN2015年1月号の方にそのゲームの関連記事として、原作者の饗庭先生と自分とコミカライズ担当編集のヒドラ氏を交えて「黒先輩~」に関しての鼎談が掲載になります。


鼎談というか対談なんて正直そんな仕事は受けたことがないものですから随分緊張して臨んだのですが、ゲームの内容に関してだけでなく、黒タイツや足に関しての魅力を三者が大いに語ったりノベライズ、コミカライズにあたっての話などなどみっちり5ページに渡って纏められておりますので、よろしければぜひご覧ください。


ゲームの内容的に年齢制限はないので直球のエロマンガではないのですけど、多分内容的には足フェチなら十分エロマンガだろういうような内容に出来れば本懐であろうというような感じのものを描ければと思っておりますので、ちょっと今までとは違う試みになるでしょうから自分としても今後が楽しみであります。
乞うご期待!





PR
プロフィール
HN:
黒龍眼→(こくりう)
HP:
性別:
男性
職業:
絵描き
趣味:
玩具収集、レトロゲーム
自己紹介:
「こくりう」「黒龍眼」の2名義で活動中です。
・主な執筆誌
ファミ通コミッククリア(エンターブレイン様)
Girs fir M(茜新社様)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
twitter
pixiv
最新コメント
[04/09 黒龍眼]
[03/18 はっさく]
[10/23 黒龍眼]
[08/06 NONAME]
[06/15 M]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.