忍者ブログ
黒龍眼→こくりうの日々の活動記録などなど。
[55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45

さて、今日はクラシック第2弾紹介記事の2回目。諜報員リジェことミラージです。

G1アニメでは裏切りの嫌疑を持たれてインセクトロンに変な装置付けられていいように操られてみたり、確か姿を消す特殊能力があったかなかったかで、その能力を諜報活動にいかんなく発揮していたのが印象に残っていますが、サイバトロン軍団の中にあって一番基地周辺の悪路の走破に向かない車体をスキャンして得たにも拘らず、平気な顔をしてF1カーで悪路を疾走する姿は、今思うと何とも滑稽な感じですが、そんな彼もめでたくクラシックにおいて新しい体を得ることが出来ました。

より洗練されたシャープなボディと変形機構で、当初発表された段階では前評判はグリムロックの方に注目が集まった所為であまり関心をもたれませんでしたが、今回のリリースされた物を手にした人の多くはいい意味で「裏切られた」ような驚きを得ているように見えます。

F1カーから変形するという関係上、従来のオートボットに多く見られる変形の「前輪の内側に腕をたたみ、ボンネット部分を折り曲げ胸にして、車体後部を起こして足にする」という変形パターンの定石の「前輪内側に腕を収納する」ことができません。

そこで腹部に当たる車体中央に腕をしまうスペースを設け、それを展開する事により腕を変形させていますが、こうすると逆に腹部のボリュームが不足してしまいます。

しかしそのボリューム不足を逆に「シャープなボディラインに置き換える」という逆転の発想ともいえる変形をこのリジェはしてくれるのです。

それは、足の変形で足を起こす時、関節をもう一段余分に設けて足を折りたたんでおいて、それを展開したときに足を伸ばすことにより、足の長さを確保し、なおかつ腕の変形の際に肩の位置を出来るだけ外側に持ってくることで肩幅を広げ、丁度砂時計のように腰の部分、ボディの中央がきゅっと締まったスマートなプロポーションを実現させたのです。

従来のオートボット変形だとどうしても足の長さを伸ばす際関節を一段引き出す機構を使うのが定石なんですが、このリジェのように折りたたむことで2段も関節を伸ばす事は、一段引き出すだけとは違い、折りたたむというギミックがロボットになった時に関節の一つとして機能するまさに一石二鳥の役割を果たすわけです。単純に従来の定石を踏襲しないでこのようにちょっとした変形の差別化を設けてくれる事は、ファンにとっては嬉しいことだと思います。

 

 

 

 

 

そういうわけでこのように各部の可動範囲がかなり広いです。ボールジョイントを多用していたカーロボットの時期とは違い、最低限のボールジョイントと、軸関節の効果的な配置と、デザイン的に関節が干渉する部分がほとんど無いことが幸いして、他のクラシックの面々に比べてポーズの幅がかなり広いです。

また、足の接地性も非常に高く、ウイングが足の甲になることと側面のタイヤが接地面積を広げて、このように片足立ちもお手の物。

 

 

 

顔アップ。

他のサイバトロン戦士とちがい丸いヘルメットが印象的。

 

 

F1カー形態。ちょっとウイング下げすぎたんですが、実際は結構ウイングの角度が自在に変えられます。

G1時代の四角い車体とは違い、より現代的なフォルムでカッコイイ車体になっています。

 

そんなわけで手にとってみると意外に面白いこのリジェ。ある人に言わせると今年一番のTFといっても過言ではないという風に言わせるほど完成度が高いです。

アソートの関係上グリムロックに比べて市場にも潤沢に出回っていると思うのでぜひ手にとってみてはいかがでしょうか。

 

PR
プロフィール
HN:
黒龍眼→(こくりう)
HP:
性別:
男性
職業:
絵描き
趣味:
玩具収集、レトロゲーム
自己紹介:
「こくりう」「黒龍眼」の2名義で活動中です。
・主な執筆誌
ファミ通コミッククリア(エンターブレイン様)
Girs fir M(茜新社様)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
twitter
pixiv
最新コメント
[04/09 黒龍眼]
[03/18 はっさく]
[10/23 黒龍眼]
[08/06 NONAME]
[06/15 M]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.