忍者ブログ
黒龍眼→こくりうの日々の活動記録などなど。
[50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日はタイタニウム第3弾で登場した、スウィープス参謀のスカージを紹介します。

タイタニウム6インチフィギュアというシリーズにあってこのスカージのように過去に立体化されている姿で商品化されたものは、同時リリーズされたオプティマルオプティマスを含めこの第3弾が初であると思います。

今現在スカージといえば大抵黒いコンボイをさす言葉として定着した感がありますが、元をただせば2010の前のザ・ムービーにおいてメガトロンとともに葬り去られた戦士たちがユニクロンの手によって復活した姿がその始まりであります。

特徴的な髭面と狡猾な性格、2010では策略によりロディマスからマトリクスを奪い体内に取り込もうとした野心家でもあります。

ヘッドマスターズに入ってからはガルバトロンが不在の後、代わりにやってきたスコルポノックにこき使われるも、有能な右腕としてはすでにサウンドブラスターやシックスショットがその役をこなしていたためサイクロナスとともになんとも憎めない下っ端の悪党として描かれていたのが印象深いです。

トランスフォーマーの戦士たちはそれぞれ特徴的な顔の意匠を持っていますが、このスカージほど印象の強い戦士も他にいないかと思います。他の髭面といえばアルファートリンやジャンキオンなどがいますが、頭のてっぺんの潜望鏡のようなパーツが顔に不釣合いなほど間抜けで、管理人は個人的にそんな味のある彼が結構好きです。

昔のままの印象というのは外見だけでなく変形も同じような感じですが、可動に関しては若干の改善が見られているのはさすがに現代の玩具であるということをよく語っています。しかし、変形の関係で首と腰が曲がらないのが少々残念。

プロポーションも足のボリュームが大きいので気持ち単足に見えます。

 

 

 

ホバークラフト形宇宙船。何ともよく分からない形態ですが、未来的な乗り物似変形するという点においては先駆的だったかつての面影をそのまま残しています。

しかし機体下部にランディングギアがないので転がし走行は無理です。

典型的なガワ変形なので変形自体はそんなに面白みがありません。

そんなわけであんまり特筆する事は無いんですが、近々新しくリリースされるロディマスと並べたい、あるいはスカージに思い入れがある、という方にはお薦めしますが、変形の面白さや玩具的にいい物かというとそれはまた別問題な気がします。まぁ人によってはダイキャスト性のフィギュアだし変形するよりは飾って楽しむなんていう人もいますし、それでも鑑賞に充分堪えうるものだと思うので、安ければ一度買ってみるのもよいかと思います。

実は最近手違いでオプティマルオプティマスも手に入れたんですが、不良品だったのでちゃんとしたものを手に入れてから追って紹介させていただきます。

あまり関心が無かったんですが意外に作りがしっかりしていていいものでした。でも不良品は無いですよねえ・・・

PR
プロフィール
HN:
黒龍眼→(こくりう)
HP:
性別:
男性
職業:
絵描き
趣味:
玩具収集、レトロゲーム
自己紹介:
「こくりう」「黒龍眼」の2名義で活動中です。
・主な執筆誌
ファミ通コミッククリア(エンターブレイン様)
Girs fir M(茜新社様)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
twitter
pixiv
最新コメント
[04/09 黒龍眼]
[03/18 はっさく]
[10/23 黒龍眼]
[08/06 NONAME]
[06/15 M]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.