忍者ブログ
黒龍眼→こくりうの日々の活動記録などなど。
[86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76

さあ、特別ゲストの水木一郎さんのスーパーロボットソングメドレーをお聞きしていただいたわけですが(嘘)
ここからはいよいよ各賞の発表に移りたいと思います。


【総合部門】

大賞 リボルテックよつば

IMG_0066.JPGこれはもう初めて触った時点でほぼ決まりだなという気がした久々の良トイだと思います。
まず安い、入手も比較的簡単、作りがしっかりしててよく動く、そして何よりよつばの持つ雰囲気をよくかもし出しているということが受賞理由かなと思います。
おそらく玩具に余り興味の無い一般の人も結構買ったという人は多いはずです。
しかしそういうものを一位にしたというよりは個人的にコレを一位にしたのは何より
「遊んでいて楽しいと思える」コレに尽きます。

大きさ的にも他のフィギュアと絡めやすく、いろいろなシュチュエーションを想像して遊ぶ事ができるという意味においてこれは子供がいたら与えたい玩具として申し分ない出来であるかなと思います。
関連商品の風花フィギュア、ダンボーもリリースされて、マンガのコラボレーションという企画で出されたものにも拘らず商業的な嫌味の感じられない安定した品質というのも好感が持てました。
欲を言えば付属パーツの少なさでしょうかね。これは違うバージョンでも出して互換性を持たせてくれればさらに遊びの幅は広がると思うので、そこを今後期待したいと思います。

2位 GFFメタルコンポジットサイコガンダム

IMG_0071.JPG多分よつばがなければコレが間違いなくトップでした。
それくらいよくできた玩具です。
FIXというカテゴリにも拘らず金魂顔負けの内部構造の堅牢さはおそらく過去のサイコガンダムの中では文句なしの出来でしょう。
箱に「超合金」と書かれているだけのことはあって相当ズシリと来る重量感、大きさ。
このガンダムがZガンダムとして採用されていないことが唯一の不幸であるというほどの出来でした。

年末になってコレが安く売られている店も多いようですが、コレは是非触ってみてください!


3位 ライダーイマジンソフビ

DSC01141.JPG総合3位はライダー系から。しかも主役のライダーよりも今年輝いていたこの4人のソフビ。
近年まれに見る個性的なキャラ付けとそのデザインにちゃんと4人リリースしてくれたこと(デネブがリリースされなかったのは非常に残念ですが)
そしてソフビというシンプルなものに関わらず出来が良い事、今の子供はホントに幸せモノだなと思うようなソフビです。

今年はこれに素体くんを仕込んで改造なんて事にチャレンジしたりしてなかなかに楽しませてくれたのでそういう意味でもいい玩具だったと思います。



【ロボット部門】

大賞 GFFメタルコンポジットサイコガンダム

二位 超合金魂 バイカンフー

IMG_0128.jpg実はこのバイカンフー、予約はしたもののまったく期待してなくて気に入らなければ手放そうかとさえ考えていたものなんですが、触ってビックリ、非常によくできた玩具でした。
当初このプロポーションに非常に違和感を感じていた方も多いかと思います。
しかし実際動かしてみるとそれが殆ど感じられないくらい劇中のイメージに近いことを実感させてくれます。
当時品のパイルフォーメーションは出し入れを楽しむマトリョーシカ的な玩具だったので、箱のようなプロポーションでも違和感は無いのですが、今回はアニメのイメージに近いプロポーションにしたため逆に動きがないとかっこ悪い反面、いろんな角度から見たり動かしたりすると出し入れだけでなく可動してカッコいい!ということに気づかされると思います。
ちなみにこのバイカンフー、正面から見るとなで肩もいいところなので写真のように少しあおり気味に見るとかなりかっこよく見えると個人的に思ってます。
まあそりゃOPのあのプロポーションをそのまま立体化したんだから極端なパースつけて見る方が違和感ないのはさもありなんという気がしますから、それに気づけるか気づけないかだけなんじゃないでしょうか。
後は作品の思い入れとか(奇しくも今年初めからCSで放送見てました)好みの問題かなと。
出し入れしてるだけでも勿論楽しいですよ!


3位 インパクトモデル グレンラガン

DSC01126.JPG3位はヒジョーに迷ったのですが、TFを入れずにあえてこっちのグレンラガンを入れさせていただきました。
TFは確かに久々に良質なものが多かったのですが、デザインラインがやはり万人受けするものではない異質なものということで自分の中でいまひとつ決定打に欠ける感があったのでそれよりはこちらを、という感じで決まりました。

これも正直余り期待はしていませんでしたが、実際触ってみると関節の作り方が上手いというか、よく動きますし率直にカッコいいと思える出来でした。
オプションパーツも適度についており、遊びやすいことも好感が持てます。
同シリーズのラガンもいい物なので、合わせて買ってみるのもよろしいかと思います。
ただ宇宙仕様のバージョンと、合金製のものが今後控えているので、それの出来次第ではコレの評価も変わってくるかもというところなのでまだまだ様子見、というのも悪くないかもしれませんね。


予想以上に記事が長くなりそうなので続きはまた別の記事に。

PR
プロフィール
HN:
黒龍眼→(こくりう)
HP:
性別:
男性
職業:
絵描き
趣味:
玩具収集、レトロゲーム
自己紹介:
「こくりう」「黒龍眼」の2名義で活動中です。
・主な執筆誌
ファミ通コミッククリア(エンターブレイン様)
Girs fir M(茜新社様)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
twitter
pixiv
最新コメント
[04/09 黒龍眼]
[03/18 はっさく]
[10/23 黒龍眼]
[08/06 NONAME]
[06/15 M]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

Photo by 0501 / Designed by Addio.